Archive for 12月, 2014

どのような価格を保つべきか

価格改定については、どのくらいの価格を常に保つべきか
非常に悩まれる方も多いかと思います。

色んな設定があるかと思いますが、
個人的におすすめしているのは最安値と同額を保つ方法です。

決して単独での最安値ではありません。

ライバルの中の現在の最安値と同額の価格です。


これはなぜかといいますと、市場相場の下落を防ぐためです。

誰だって、たくさんいるライバルの中から自分の商品を
選んで欲しいに決まっています。


そのために多くのせどらーがやっていることが、
自分が一番安い価格にすること、つまり単独で
最安値となる価格にすることです。


そういう考えの人が2人、3人といればどうなるでしょうか?

自分が一番安い価格にしたら更に別の人が安くし、
それに負けじと自分の価格を更に下げ・・・。


おかしな価格下げ合戦が始まってしまいます。


もちろん、自分一人がそれに参加しないだけで
市場価格の下落が防げるわけではありません。


ですが、それでも最安値と同額を保つだけで
他の人よりも売れやすい状況ではあることは間違いないですし、
自分から相場を落とすという自体を防ぐことができます。


それだけでも、この設定は価値が有るのではないでしょうか。


または、カート価格に合わせた価格改定もいいかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

WP Login